2021年04月22日

新型コロナワクチンは未知数が多くリスクも高い

新型コロナワクチンの接種が世界各国で始まっています。日本では、Pfizer(ファイザー)、Moderna(モデルナ)、アストラゼネカのものが供給されるようですね。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210222/k10012880111000.html

大半の政府がワクチン接種を勧めているようですが、その危険性をきちんと伝えていません。新型コロナワクチンは実験的なものです。ファイザー社も公式にCOVID-19のワクチンは緊急使用のみの許可で、正式にFDAから承認されたわけでないことを公表しています。https://www.pfizer.com/news/hot-topics/the_facts_about_pfizer_and_biontech_s_covid_19_vaccine

ファイザーとモデルナのものはmRNAワクチンです。mRNAワクチンは、これまで一度も人間に適用されたことがありません。

通常、人体は、必要な蛋白質をつくるのに、DNAからその情報コードをコピーしてmRNA (メッセンジャーRNA)をつくり、細胞質に送ってその蛋白質を合成します。

新型コロナのmRNAワクチンでは、試験管内で人工的にスパイク蛋白質コードのmRNAを合成し、それを人体に投入して、COVID-19に見せかけた抗原を合成させようとします。
https://childrenshealthdefense.org/defender/science-mrna-vaccines-alter-dna/

つまり、Natural NewsのMike Adams氏が言っているように、mRNAによるワクチンは、従来の弱毒化された抗原を投与して免疫をつくるワクチンとは違って、細胞に命令して特定の分子を合成させ、免疫システムに病原体が存在すると思わせようとするものです。
https://science.news/2020-05-25-mrna-vaccines-how-they-work-coronavirus.html

mRNAワクチンは、従来のワクチンよりも容易に早く製造できるし、さらには、どんな蛋白質でも、身体に生成させることができるというわけですが、これはあくまで理論に過ぎません。Adams氏が指摘していますが、こうしたmRNAワクチンは、人体の重要な機能(生殖、神経系、細胞修復など)を攻撃するために悪用される危険性もあります。

何よりも懸念されるのは、人体の生化学は極めて複雑で、何万という異なる蛋白質の合成はかなり精密であるため、ちょっとしたことで、バランスが崩れやすいことです。また、蛋白質は体の構造成分であるだけでなく、メッセンジャー、酵素、抗体といった健康を保つのに必要な分子にもなっています。

だから、人工のmRNAを身体に投入することで、意図しなかった破壊的な結果を招く危険性があるのです。考えられる副作用として、自己免疫異常、過度の炎症、血栓などが挙げられていました。

さらには、蛋白質の折りたたみ異常の問題(これはガンなどのさまざまな疾患の原因です)やmRNAが破損されて部分的な情報しか伝令されなかった場合はどうなるのか(遺伝子変換の可能性)といった問題など、不透明な部分とリスクが沢山あります。

また、こうしたmRNAワクチンの副作用は、最初の接種から何ヶ月か何年か後になるまではっきり確認されないかもしれません。急激に症状が現れないかぎり、短期間の臨床試験では分からないでしょう。

大体、ソーシャルディスタンスやマスクなど、免疫をつけさせないようにする一方で、こんなに未知数が多くリスクも大きいワクチン接種を大規模に促進するということに疑問を感じます。しかも、新型コロナは致死率が非常に低く、インフルエンザよりも低いという報告も上がっています。そして、奇妙なことに日本でインフルエンザ患者は例年の0.1%だったそうです。変だと思いませんか? アメリカでは、 COVID-19がインフルエンザ、ガン、その他さまざまな病気を治したと皮肉っています。つまり、PCR検査で陽性であれば、すべてコロナ患者にされてしまうし、他の疾患が原因であってもコロナで死亡したとされるのです。

良識ある専門家や医師たちがワクチン接種を警告しています。その中の一人、ファイザー社の元副社長、Dr. Michael Yeadon(マイケル・イードン博士)は、ワクチンを接種しないようにと、さまざまなところで勧告しています。
https://rumble.com/embed/vbhgux/?pub=4


博士はまた、ワクチンが死を招くことになると警告。LifeSiteNewsの記事です。字幕大王さんが翻訳されています。
  https://www.jimakudaio.com/post-10858
  https://www.jimakudaio.com/post-10883
  https://www.jimakudaio.com/post-10952

アストラゼネカはウイルスベクターワクチンで、血栓を引き起こしたという報告があるため、一時停止や禁止する国が相次いでいます。米のジョンソン・エンド・ジョンソンもウイルスベクターワクチンですが、血栓問題が報告され、一時停止になっているようです。

アメリカでは、VAERS( US federal Vaccine Adverse Event Reporting System、ワクチン有害事象報告システム )が新型コロナワクチン接種後に報告された死亡者数などのデータをまとめています。死亡者は徐々に増えています。
https://www.medalerts.org/vaersdb/findfield.php?TABLE=ON&GROUP1=CAT&EVENTS=ON&VAX=COVID19







posted by シルバーちゃん at 16:38 | Comment(0) | 医薬品産業複合体 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。