2020年08月06日

世界は中央銀行によるデジタル通貨発行へ進んでいくのでしょうか?

中国の中央銀行はデジタル人民元のテスト運用を続け、実際運用への拍車がかかっていますが、その他の国の中央銀行もデジタル通貨の発行を模索しています。

イギリスカナダスウェーデン日本、シンガポール、デンマーク、ノルウェーなど、その他多数の国々です。

アメリカでは、コロナの経済救済法案に、FEDによる銀行口座のようなものを納税者ごとに作り、FedCoin(デジタルドル)で現金給付するという項目が含まれていたのが今回は削除されたということですが、FedCoin導入の討議は継続され、現実化の方向へ動いています。

ロン・ポール博士は、FedCoinがハイパーインフレを招き、個人のプライバシーを犯す大きな脅威になると警告しています。FEDが個人のファイナンスをモニターできるわけですから。


デジタル通貨など導入されて欲しくないですが、世界中でその方向に動き出しているのが嫌ですね。これも新世界秩序の一環のような感じがします。




posted by シルバーちゃん at 17:19 | Comment(0) | 新世界秩序 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。