2018年06月12日

シティ・オブ・ロンドンとバチカン|支配者エリートの砦が標的に

世界の最も有力で堕落した金融センターが”バチカンとシティ・オブ・ロンドンで、いわゆるカバールと呼ばれる支配者エリートによって設立されました。Classical Capital LLCのチーフ経済学者のWayne Jett氏(アマゾンで見ると大学時代はエンジニアリングと法律を学び、30年にわたる弁護士の経歴もあります)が、このエリートたちの主要な2つの砦が取り壊される危機にあるという記事を書いています。

わたしはローマに行ったときバチカンを見学しましたが、人を救うことが目的のはずのカトリック教会の総本山にしては、絢爛豪華で宮殿のよう、何だか変だと思ったのを覚えています。

バチカンもシティ・オブ・ロンドンも、法の外にあって統治されることがありません。だからエリートたちにとって、やりたい放題のことができる安全地帯の砦というわけです。

5月17日にQアノン(トランプ政権に通じた軍情報部の人物、もしくはそのグループと見られています)は、シティ・オブ・ロンドンの方向を示す道路標識の写真を幾つか掲示しています。シティ・オブ・ロンドンはバチカンが所有しコントロールしていると言われています。シティの金融オペレーション規模は広範でグローバルですが、ほとんど報告されることはありません。

バチカンは四方をイタリアに囲まれた独立国家で、こちらもグローバルなオペレーションを行っています。表向きはカトリック教会の総本山ですが、実態はもっと陰湿で、外部の者にはほとんど知られていません。内部の上層部でさえも把握していないだろうということです。政治と金融の面で各国に大きな影響力を持っています。特にカトリックの国、といことは欧米諸国がその配下にあるのでしょう。

Qアノンはバチカンを示す写真も掲載し、そのコメントにはブラッケットを使っています。これは死が間近にあるという意味だそうで、教皇フランシスコが辞任するというニュースと何らかの関連があるのでしょうか。最近、チリのカトリック教会の司教34人が同時に辞任するというニュースもありました。児童性的虐待のスキャンダルのためです。

いずれにしろ、水面下でカバール(またはディープステイト)とアライアンスの戦いが激化しているようです。シティ・オブ・ロンドンかバチカンのいずれかが打倒されれば、カバールが大きな打撃を受けるので、よい意味でおもしろいことになりそうです。





posted by シルバーちゃん at 13:05 | Comment(0) | ディープステート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。