2018年04月12日

ソロス、ロックフェラー、ロスチャイルドが仮想通貨市場参入

仮想通貨市場は今年に入って急落していますが、今が買い時かもしれません。というのも、世界の大富豪たちが参入し始めたからです。zerohedgeの記事を参照しています。

2017年、ロスチャイルド家がGrayscale Bitcoin Trustを介してビットコインを購入しています。

続いて、Bloombergのリークによると、ソロス・ファンド・マネジメントのマクロ投資の責任者、アダム・フィッシャー氏が仮想通貨取引の内部承認を得たそうです。ジョージ・ソロス氏はダボス会議で仮想通貨は現実通貨として通用しないと言っていたにもかかわらずです。

また、ロックフェラー財団のベンチャーキャピタル部門であるVenRockが、仮想通貨投資ファンドのCoinfundと提携関係を結んだとCoinTelegraphが伝えています。

彼らの参入により、世界的に仮想通貨への規制が弱まるだろうと見られています。





posted by シルバーちゃん at 06:57 | Comment(0) | 仮想通貨/ブロックチェーン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。