2017年05月28日

ドル離れと仮想通貨高騰の関係

usawatchdog.comのインタビューで、マクロ経済の研究者のRob Kirby がまた面白いことを言っていました。

仮想通貨が一気に高騰しましたよね。今は少し落ちていますが、それでもビットコインは$2000を越えています。イーサリアムも$150を越えています。Kirby氏によると、世界市場でドル離れが起こっており、それが仮想通貨の高騰になっているのだそうです。

過去3ヶ月の間に、仮想通貨の時価総額がどれも一気に膨大しています。ビットコインは2倍に、イーサリアムは13倍、リップル(Ripple)は60倍、ネム(NEM)は20倍も高騰しています。

ところが、金と銀はそれほど高騰していません。でも、もし、中央銀行や外国為替安定基金(Exchange Stabilization Fund)による価格抑制がなければ、金や銀の価格も過去3ヶ月の間に10倍、20倍になっていただろうと言っています。

金と銀は、現物ではなく、紙証文で取引する市場がありますよね。デリバティブのようなものです。だから、皆が現物の金銀の代わりに不換紙幣で満足している間はよいのですが、誰かが紙証文を大量の現物に変えようとしたとき、それに見合う現物がなければ、価格抑制もへったくれもありません。価格は一気に高騰します。

また、ドル市場の動向を見るのに、仮想通貨の価格に注目しておく必要がありそうです。Kirby氏によると、仮想通貨の価格が今後も上昇を続けるなら、ドルの暴落も近いということに。そして、ドルで金銀を買うことが不可能になる日が近づいているということです。

Kirby氏の他にも、David Stockman氏Martin Armstrong氏も、ドル暴落や市場危機が近づいている(この秋)ことを言っていました。




posted by シルバーちゃん at 09:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 通貨 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/450295977

この記事へのトラックバック