2017年04月18日

IMFの手引き書とさらに進むインドの現金廃止

ちょっと前にIMFが"The Macroeconomics of De-Cashing'という文書を出したことがニュースになっていました。文書はIMFのアナリスト、Alexei Kireyevによるものですが、国民の意志に反して現金廃止をすすめるときの政府へのアドバイスをまとめた調査結果報告書です。

こちらにその内容の要点が載っていました。

現金廃止は段階的にすすめることとして、次のようなアドバイスをしています。

高額紙幣の廃止、現金取引上限の設置、海外持ち出しの現金を報告といった段階を踏むことの他に、金融システムの電子化をさらにすすめて、デジタルによる取引を簡易化し、現金を使わなくて便利だと思わせるようにする。

後者の現金を使わないことを奨励するには、政府よりも民間セクターによる'de-cashing'がいいだろうということで、スマートフォンによる支払いなどを例に挙げています。

現金廃止が、お金の使い方や貯金をすべて銀行へ預けることを強制されるなど、生活面のすべてをコントロールするためだと疑われないようにするプログラムが必要であるということも述べています。

ところで、昨年11月に高額紙幣(500ルピーと1000ルピー)が廃止されたインドでは、モディ首相がさらに、12州にまたがる75の行政区で現金禁止の計画を発動したということです。こちらです。

世界で現金廃止が進んでいますが、最終的には電子マネーに置き換えて世界金融崩壊に備え、わたしたちの生活をコントロールするエリートたちの企みですね。この実験台になったインドですが、注目していく必要があります。インドが現金廃止に成功すれば、その他の国も次々に従うでしょうから。





posted by シルバーちゃん at 07:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 金融政策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック